1日たった約100円からの保険

【ケアカレッジ CareCollege】ワーキングホリデー、語学留学、交換留学に向けた保険プラン

ドイツにワーキングホリデー(ワーホリ)滞在、短期や長期での語学学校への通学、ホームステイ滞在といった語学留学生、交換留学生、大学受験準備生に向けたケアコンセプト保険のプランがケアカレッジ(Care College)です。

ケアカレッジは『ベーシックプラン』『コンフォートプラン』『プレミアムプラン』の3種類のプランに分かれており、保証内容から自分にあったプランを選択することが可能です。

ケアカレッジの補償内容と料金一覧

補償内容 ベーシック コンフォートおすすめ プレミアム
保険料(月額) 28€ 35€ 63€
19ヶ月目以降の月額保険料
51€ 59€ 83€
診察
通院
 緊急治療(手術)
 処方薬と搬送
 入院治療
 妊娠検診等
 出産(待機期間8ケ月)
事故の場合の処方箋のある補助器具 250€まで 250€まで 100%
 医療上必要な母国への搬送 10.000€まで 100% 100%
歯科鎮痛治療(2本以上の治療の場合は事前に治療プランを提出必要) 250€までは
100 %
それ以上は50 %
500€までは
100 %
それ以上は50 % 
100%
死亡時の母国までの
輸送費等
10,000€まで 10,000€まで 15,000€まで
保険期間延長をしな
かった場合、期間終了後の補償期間(保険料は遡って支払)
4週間 4週間 8週間
歯科治療マテリアル代(2年間、待機期間8ヶ月) 50 %まで
最高500€
70 %まで
最高1000€
1年間保険金請求をしなかった場合の保険料還付
重病時一時見舞金 年間1,500€
まで
年間2,500€
まで
メガネ・コンタクト
レンズ100€まで(待機期間3ヶ月)
事故による歯科治マテリアル代最高2500€
緊急サービス
治療費が還付される
治療費レベルGOÅ
1.8まで 2.3まで 2.3まで
自己負担 50€ 25€(産婦人科のみ) なし

※慢性疾病・既往症は保証対象外

ケアカレッジ3種類のプラン特徴

12歳〜35歳までの学生が対処となっているプランです。1ヶ月から最長5年間までの加入が可能となっております。

診察・通院・入院に適応し、緊急治療(手術)・医師から処方された薬代も補償、帰国時や解約に際して払戻しも可能となっております。

また、全プランドイツでのビザ取得のために外国人局に提出する保険として認められており、月額4ユーロの追加で、賠償責任保険・事故保険への加入が可能です。

妊娠、出産のための検診に関しては、妊娠の自覚・無自覚に関わらず、保険契約開始日および契約更新日に妊娠(着床)している場合は補償対象外となります。加えて出産面では妊娠後の加入でも補償されますが、ただし待機期間8ヶ月となっております。

学生またはワーキングホリデーでのドイツ滞在者向けの保険となっております。

学生またはワーキングホリデーでの滞在でなくなった場合、他の保険に切り替える必要があります。

※保証内容はドイツ語の約款が正式なものとなります。Care Conceptドイツ語の約款を確認する(別窓で開きます)

ベーシックプランの特徴

最も月額の保険料が安いプランがベーシックプランです。

3種類あるケアカレッジ全プランの基礎になっており、コンフォートプラン、プレミアムプランはベーシックプランの内容を充実させたものとなっております。

保険料は安いものの、診察・治療に対して50€の自己負担額が必要となります。

とにかく保険料を抑えたいという方にオススメです。

コンフォートプランの特徴

ベーシックプランでは必要となる自己負担額がコンフォートプランでは不要となっております。

ベーシックプランの内容は全て補償され、さらに医師が緊急と判断した場合の帰国費用は100%補償され、保険を使用しなかった場合一年間につき一ヶ月分の保険料が返還されます。

保険料金、補償内容ともに3種類のケアカレッジで最もオススメのプランです。

プレミアムプランの特徴

コンフォートプランと同じく自己負担額が不要となっており、さらにコンフォートプランで必要となる産婦人科の自己負担も不要となります。

多くの医療補償が100%補償となり、ケアカレッジプランのなかで最も手厚い補償を受けることが可能です。

全てにおいて安心しておきたいという方にオススメしたいプランとなっております。

ケアカレッジ加入にあたっての確認事項

保険加入対象年齢:12才〜35才

加入期間:1ヶ月〜最長5年間

ドイツ語学留学、音楽留学、美術留学、交換留学生、ワーキングホリデーでの滞在者が対象となります。

就労にともない学生またはワーキングホリデーでの滞在ではなくなる場合は他の保険に切り替える必要があります。

ドイツ・オーストリアをはじめ、シェンゲン協定加盟国に滞在する場合のみ有効です。北米(アメリカ・カナダ・メキシコ)と母国(日本)での補償は対象外となります。

保証対象外に関して

以下の項目は保険の保証対象外となります。

  • 検診・予防接種
  • 契約時および契約延長時すでに妊娠(着床)している場合の検診および治療
  • 契約時および契約延長時、またはその6ヶ月前にすでに発症している病気・事故による怪我等の保証は、年間自己負担5,000€、合計30,000€までの保証(※30,000€以上は保証対象外)
  • 心理療法
  • 美容整形
  • ビザ取得のための検診
  • 健康診断書作成料金
  • 中毒・依存症の治療
  • クアやサナトリウムでの治療
  • 病院での任意選択サービス(ひとり部屋の病室・インターネット使用等)

※保証は入国後から適応となります。渡航中のフライトは保証対象外となります。

※滞在国以外での保証は緊急治療に限り適応されます。

ビザ取得を予定している際の注意点

​近年、大阪ドイツ領事館でのビザ申請ベーシックプランではビザの発行を行なっておらずコンフォートプランまたはプレミアムプランへの加入が必要となっております。

ドイツで直接ワーキングホリデービザや学生ビザを申請する場合でも、コンフォートプランまたはプレミアムプランへの加入をおすすめしております。

オーストリアのワーキングホリデービザを取得する場合自己負担0円のプランで申請する必要があります。男性はコンフォートプラン女性はプレミアムプランへの加入をオススメしています。

大学受験生が加入する際の注意点

通常ドイツで大学生になる際は加入する保険を法定健康保険へと変更します。

大学生・大学院生になられる予定がある方は事前にお問い合せよりご連絡いただければ適切な保険プランおよび大学進学後の法定健康保険をご案内させていただきます。

ワーキングホリデービザには賠償責任保険が必須!

ドイツにワーホリ(ワーキングホリデービザ)を利用して滞在するには医療保険への加入が必要となりますが、注意しておきたいのは賠償責任保険への加入も必須となっている点です。

賠償責任保険は加害者として人に怪我をさせてしまった場合、賃貸物件の備品損壊をはじめ他人の所有物を損壊してしまった際に補償される保険となります。

ワーキングホリデービザ以外にも学生ビザ申請時、賃貸契約時などに賠償責任保険を求められることも多く、またドイツは訴訟社会でもあるので、万一に備え賠償責任保険への加入をオススメしております。

賠償責任保険はケアカレッジお申込みフォームより同時にお申込みが可能となっております。

ワーキングホリデービザ申請に関して

ワーキングホリデービザ申請の際は、以下の書類をお持ちください。

  • 保険証(college-schein)と
  • 賠償責任保険の保険証(別途送付)また支払いを証明できる書類

入金証明は保険会社からは発行されません。あらかじめご注意ください。

ご不明点はお気軽にお問い合せください

ケアカレッジプランに関してご不明点・疑問などはお気軽にご相談ください。

どのプランに入ればいいか分からないという方も合わせてご連絡いただければと思います。

まずはお気軽にご連絡ください

どのプランが適切か分からない等

気になることをお知らせください

お問い合わせ

お申込みまでたった4ステップ

  • Step.1 プラン決定

    プラン決定

    ドイツ滞在目的に合わせてプランを決めます

  • Step.2 フォームから申請

    フォームから申請

    ご希望プランをお申込みフォームから送信

  • Step.3 お支払のご連絡

    お支払のご連絡

    担当よりお支払についてご連絡いたします

  • Step.4 証明書を受け取る

    証明書を受け取る

    お支払を確認後、保険証を送付いたします

  • お申込みまでの4ステップ詳細をみる

よくある質問Q&A

  • Q.1保険の加入にあたって手数料は必要ですか?
  • Q.2他のサイトから申し込んだのですがサポート可能でしょうか?
  • Q.3日本からの加入は可能でしょうか?

質問への回答みる

ケアカレッジ CareCollege

ドイツ留学・ワーホリ・進学

ワーキングホリデー、語学留学、大学生に向けた保険プラン

ベーシック:28€/月〜
コンフォートおすすめ35€/月〜
プレミアム:63€/月〜